メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初
論点

通学路 子どもどう守る

粉川昭一氏

 千葉県松戸市のベトナム国籍の小学3年生の女児が登校中に行方不明になり、遺体で見つかった事件から3カ月余。小学校の元保護者会会長の男が逮捕・起訴されたが、事件については口をつぐんだままだ。地元では今月、再発防止のための防犯組織「見守り隊」が発足した。通学路の安全をどう確保すべきか。

「断る言葉」が防犯力に 宮田美恵子・「日本こどもの安全教育総合研究所」理事長

 千葉県の事件後、女児が連れ去られたとみられる付近を訪ねました。梨畑がありましたが、隣に民家が建ち並び、場所に「危険」は感じませんでした。

 犯罪は監視者がいない時に起こります。監視者の役割を果たすのは、防犯パトロールなどの活動や、同級生、…

この記事は有料記事です。

残り4257文字(全文4555文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです