メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港返還20年

リレー寄稿/3 英国から離れる現実=黒岩徹・東洋英和女学院大名誉教授(元毎日新聞欧州総局長)

黒岩徹氏

 <Hong Kong 20年>

 はかない期待を抱きながら、現実に潰された--香港返還20周年を迎える英国の受け止め方である。

 当初「1国2制度が成功すれば、台湾の将来にも当てはまるだろう」(英ガーディアン紙)との淡い期待があった。台湾解決の鍵になるという見方である。

 だが英下院外交委が香港政府に度々警告したように、香港の現実は民主主義とかけ離れつつある。若者は政治と家賃の高さに絶望し、世論調査によれば60%が外国への移住を望んでいる。返還前の最後の総督クリス・パッテン氏は、「(返還当時)われわれは民主活動家の親たちを落胆させたが、いまや活動家の子供たちを落胆させている」と嘆いた。

 おまけに香港での親民主派と親中国派の分裂、本土を懐かしむ老人・利益を得たビジネスマンと、持たざる若…

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文825文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  3. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです