メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信州・取材前線

森林税、継続に賛否 導入10年割れる評価 基金残高8億円に /長野

立ち木の伐採を行う作業員。こういった間伐作業に森林税が活用されている=長野県提供

 導入から10年目を迎え、継続するかどうかの判断が求められる「森林づくり県民税」(森林税)。今年度末に2期目の施行期間が終わるが、6月22日の県議会で阿部守一知事は「継続も視野に」。一方、有識者5人で構成する県地方税制研究会では、基金残高が実質8億円を超えることなどを理由に、慎重な意見も目立っている。

 「基金残高は8億2500万円。1年分の税収をはるかに超える」。5日に県庁で開かれた税制研究会の会議…

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1206文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです