メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信州・取材前線

森林税、継続に賛否 導入10年割れる評価 基金残高8億円に /長野

立ち木の伐採を行う作業員。こういった間伐作業に森林税が活用されている=長野県提供

 導入から10年目を迎え、継続するかどうかの判断が求められる「森林づくり県民税」(森林税)。今年度末に2期目の施行期間が終わるが、6月22日の県議会で阿部守一知事は「継続も視野に」。一方、有識者5人で構成する県地方税制研究会では、基金残高が実質8億円を超えることなどを理由に、慎重な意見も目立っている。

 「基金残高は8億2500万円。1年分の税収をはるかに超える」。5日に県庁で開かれた税制研究会の会議…

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1206文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. ライフスタイル [新年度の疑問]会社の経費で得たポイントやマイル、個人的に使うのアリなの?(GetNavi web)
  4. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  5. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです