メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

バニラ・エアと車椅子 「もっとできる」の契機に

 格安航空会社(LCC)バニラ・エアを利用した車椅子の男性が、奄美空港で搭乗する際、タラップの階段を腕の力ではい上がっていたことが明らかになり、論議を呼んでいる。

 バニラ・エアは男性に謝罪し、設備を整える対策をとった。ところが、逆に男性がインターネット上で、「確信犯」「クレーマー」などと非難・中傷される事態に発展した。男性が普段からバリアフリー化を求める活動に携わり、奄美空港での体験も積極的にメディアで発信したことが影響したようだ。

 障害者差別解消法が施行されて1年以上たつが、「差別解消」とはほど遠い現実が浮き彫りになった。

 同法は、障害の有無にかかわらず、個人が力を十分発揮できる社会を目指している。「合理的配慮」といって、過重な負担にならない範囲で、障害者の行動の妨げを取り除く努力を行政や企業に義務付けた。

 今回のバニラ・エア問題で最も問われるべきは、同社ができることをしようとしたか、つまり合理的配慮に怠りはなかったか、という点だ。

 バニラ・エアの社内規定は、客を車椅子ごと抱えてタラップを上り下りする行為を禁じていた。奄美-関西便は、介助があっても歩けない障害者の利用を断っていたようだ。

 しかし、同社はこの問題が報じられるや、椅子型になる担架を導入し、その後、階段昇降機も設置した。やろうと思えばできたことを、していなかったに過ぎない。

 男性への非難には、「LCCではなく、設備の整った航空会社を利用すればいい」というものがある。だが、運賃が安いから障害者はあきらめよ、という理屈は通らない。障害者への支援体制が充実したLCCはたくさんある。

 男性が、車椅子の利用をあらかじめ航空会社に伝えていなかったことも批判されている。交通機関が、支援の準備をするため事前の連絡を求めるのは一般的だからだ。

 ただ、マニュアルは最小限の手引である。個人によって異なる事情に、可能な限り対応しようとする備えと柔軟な心が肝心だ。

 バニラ・エアに限らない。障害の種類もさまざまである。今回の出来事を、「もっとできること」を考える契機としたい。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
  2. 大リーグ 大谷が肘靱帯損傷と米報道 注射治療、症状軽度
  3. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
  4. 特殊詐欺 だまされたふり作戦にお墨付き 最高裁初判断
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]