メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ISの衝撃

ダッカ人質テロ1年/上 母の死後、笑顔消え モスクで勧誘 「支援」受けシリアへ

ソハン被告の幼いころの写真を見ながら、彼について語る叔母(画像の一部を加工しています)=金子淳撮影

 「IS(過激派組織『イスラム国』)に入らないか」

 「どうやって?」

 「私が支援する」

 ISに忠誠を誓うバングラデシュの過激派組織「ネオJMB」メンバーで、テロ計画に関与したとして逮捕、起訴されたガジ・ソハン被告(28)は、ISに加わるきっかけの会話を、地元記者にこう振り返った。「支援」を申し出た相手は日本国籍を持つ立命館大の元准教授サジト・チャンドラ・デブナット(イスラム名モハンマド・サイフラ・オザキ)容疑者(34)。過激派要員のシリア入りを支援した疑いがあり失踪中だ。

 2人が首都ダッカ北部のモスクで話した2014年5月から2年後、ネオJMBは日本人7人を含む22人が…

この記事は有料記事です。

残り1189文字(全文1477文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  3. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに
  4. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]