メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

55兆円 政府系金融機関の貸出金残高 「危機対応」対象が拡大

 財務省によると、日本政策金融公庫(日本公庫)、日本政策投資銀行(政投銀)、商工組合中央金庫(商工中金)、国際協力銀行(JBIC)、沖縄振興開発金融公庫の五つの政府系金融機関の貸出金残高は、2015年度末で前年度比3兆円減の約55兆円となっている。経済対策などによる危機対応の貸し出しが減少したのが主因だ。だが、商工中金で不正融資が発覚するなどそのあり方が問われる事態も起きている。

 約55兆円という貸出金残高は、一般の銀行や信用金庫などと合わせた日本全体の貸出金の約9・2%を占め…

この記事は有料記事です。

残り1478文字(全文1719文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、2失点で4勝目
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  4. アメフット 関学大選手側が被害届 悪質タックルで負傷
  5. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]