メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

好景気や労働力不足の影響で…

 好景気や労働力不足の影響で、売り手市場の就職活動が続いている。2018年卒業予定の大学生は、面接が解禁になった6月1日時点で内定率がすでに61%。昨年同期より10ポイント近くも高い▲企業は優秀な人材の確保にしのぎを削っている。あおりを食っているのは福祉職場だ。仕事がきつい上に給料が安いとのイメージが強く、新卒の大学生に敬遠される傾向がある。最近は特別養護老人ホームを新設しても職員が集まらず、一部運営できない施設もある▲ところが、そんな常識を覆す現象が見られるようになった。30代の若者が設立した社会福祉法人やNPOが共同開催する「FACE to FUKUSHI」という説明会には500人を超える学生が殺到している▲カフェのような雰囲気の会場は熱気にあふれ、学生たちは若き福祉起業家の話に聴き入っている。設立から10年に満たない障害者福祉事業所は昨年、この説明会で国立大や有名私大の学生を採用できたという▲どんな大企業もずっと安定しているとは限らない。人工知能やロボットの進化がさらに社会を変えていくだろう。安定志向が強いと言われていた学生たちの意識にも変化が生じているのかもしれない▲「職員が集まらないのではなく、集めていなかっただけ」。説明会の共同代表である社会福祉法人「ゆうゆう」の大原裕介理事長(37)は語る。雪深い北海道当別町にある「ゆうゆう」には倍率10倍の狭き門を目指して、東京からも学生がたくさんやって来る。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
    2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
    3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
    4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
    5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです