メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 <Hong Kong 20年>

 香港が英国から中国に返還されて20年。この間の変化と、今後の展望について識者2人に話を聞いた。【聞き手・福岡静哉】

脱植民地化、闘い続く 嶺南大(香港=香港現代思想史)羅永生・准教授

 香港人は英国植民地時代、自治や民主主義の経験がなかった。英国と香港が返還交渉をした過程でも民意はほぼ反映されず、香港人にとって極めて受動的な返還だった。香港人の政治意識を一気に高めたのが天安門事件(1989年)だった。返還後は香港にも同じことが起きかねないと考え、民主主義の大切さを認識するようになった。

 こうした素地があって、香港政府が国家分裂罪などを盛り込んだ国家安全条例案を発表したことに抗議する5…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文926文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  3. 講演会 元海軍兵 「国は若者を守らない」 反戦訴える
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]