メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 <Hong Kong 20年>

 香港が英国から中国に返還されて20年。この間の変化と、今後の展望について識者2人に話を聞いた。【聞き手・福岡静哉】

脱植民地化、闘い続く 嶺南大(香港=香港現代思想史)羅永生・准教授

 香港人は英国植民地時代、自治や民主主義の経験がなかった。英国と香港が返還交渉をした過程でも民意はほぼ反映されず、香港人にとって極めて受動的な返還だった。香港人の政治意識を一気に高めたのが天安門事件(1989年)だった。返還後は香港にも同じことが起きかねないと考え、民主主義の大切さを認識するようになった。

 こうした素地があって、香港政府が国家分裂罪などを盛り込んだ国家安全条例案を発表したことに抗議する5…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文926文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです