メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

ナショナリズムの歴史的背景

 ここ数年、中国が領土や資源に関してナショナリズムを噴出させる様子を目にしてきた。歴史問題をはじめ日中間のさまざまな課題の背景にも、両国のナショナリズムが深く関わっている。現代の日本人が、大国である隣国のナショナリズムと、どのように向き合っていくかというのは重いテーマだ。

 そのことを考える糸口を与えてくれるのが、中国近現代史の専門家である小野寺史郎さんが書いた『中国ナショナリズム』(中公新書)だ。19世紀末の清末期から現代までの約120年間の歴史をたどる中で、中国のナショナリズムの様相を丁寧に、バランスよく検証している。

 本書によると、もともと多民族国家の中国では、清においても古来の歴代王朝と同様、華夷思想に基づく統治…

この記事は有料記事です。

残り1179文字(全文1492文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 春日部駅 高架化の完成目標、国認可12年後 県が説明会 /埼玉
  5. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]