メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

ナショナリズムの歴史的背景

 ここ数年、中国が領土や資源に関してナショナリズムを噴出させる様子を目にしてきた。歴史問題をはじめ日中間のさまざまな課題の背景にも、両国のナショナリズムが深く関わっている。現代の日本人が、大国である隣国のナショナリズムと、どのように向き合っていくかというのは重いテーマだ。

 そのことを考える糸口を与えてくれるのが、中国近現代史の専門家である小野寺史郎さんが書いた『中国ナショナリズム』(中公新書)だ。19世紀末の清末期から現代までの約120年間の歴史をたどる中で、中国のナショナリズムの様相を丁寧に、バランスよく検証している。

 本書によると、もともと多民族国家の中国では、清においても古来の歴代王朝と同様、華夷思想に基づく統治…

この記事は有料記事です。

残り1179文字(全文1492文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです