メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ISの衝撃

ダッカ人質テロ1年/下 過激化、富裕層も

過激思想に傾倒したイスラム容疑者=IS関連のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)より、撮影日時不詳

 大学のサッカーチームではキャプテンだった。仲間とイスラム教で禁忌とされる酒を飲んだ。好きな銘柄はウイスキーのジョニー・ウォーカー。部屋には英サッカーチーム「マンチェスター・ユナイテッド」のポスターを張り、「将来はサッカー選手になり、ベッカム(元イングランド代表)の髪形にする」と話していた。そんな欧米志向の若者が外国人に銃を乱射した。

 昨年7月、バングラデシュの首都ダッカであった人質テロ事件。5人組の実行役の一人で、現場で射殺された…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1121文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです