メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

休刊から30年 「プレイガイドジャーナル」今も胸に 同じ時代、生きた証し

「プレイガイドジャーナル」のバックナンバーに埋もれながら、「あの時代」を書き残す作業を続ける村元武さん=大阪市東淀川区の自宅兼事務所で、高尾具成撮影

関西の若者文化、けん引 読者層の拡大見えず暗転 「プガジャの遺伝子」受け継がれ

 「プガジャ」の愛称で親しまれ、1970~80年代、関西の若者文化をけん引した情報誌「プレイガイドジャーナル」。創刊時の編集長、村元武さん(74)は昨年5月に『プレイガイドジャーナルへの道 1968~1973』を、今年4月に『プレイガイドジャーナルよ 1971~1985』(いずれも東方出版刊)を立て続けに出版した。「情報誌に人々を動かす力があり、受け取り手の数も多かった」と当時を振り返る。関西発の文化発信が華やいだ時代を聞いた。【高尾具成】

 大阪市内の村元さんの自宅兼事務所を訪ねた。本やファイルなどに埋もれるような4畳半の部屋の机に積まれ…

この記事は有料記事です。

残り1944文字(全文2255文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  2. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  3. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  4. 横井、佐藤、本田が優勝 フィギュアのチャレンジ杯
  5. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです