メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

著作権料

音楽教室などの団体が「反対」55万人

 日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室での演奏について著作権料を徴収する方針を打ち出している問題で、全国の音楽教室の事業者や関連団体でつくる「音楽教育を守る会」は4日、文化庁に対し、同会が東京地裁に起こした徴収権限をめぐる集団訴訟が確定するまで、行政手続きを留保することなどを求める「要望及び質問書」を提出した。

 同時に、全国の音楽教室の指導者や生徒、保護者らから集まった延べ55万7357人の著作権料徴収に反対する署名も文化庁に提出。また、一両日中にJASRACに対し、著作権料徴収の取り下げを求めて協議を申し入れる方針も明らかにした。同会の三木渡会長は「わずか3カ月で集まった大量の署名を文化庁には重く受け止めていただき、音楽教室への著作権料徴収を認めないよう求めたい」と語った。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  3. 森友学園 籠池夫妻の保釈決定 補助金詐欺で大阪地裁
  4. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
  5. 競泳 古賀淳也がドーピング陽性 アジア大会代表取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]