メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ったなし

豪華番付、皆勤少なく=武藤久

 頑健な力士も暑さには音をあげる名古屋場所は9日が初日。名古屋は体調管理も難しいようで、2002年には十両以上で16人が休場した記録が残っている。

 会場となる愛知県体育館は名古屋城内にあり、定員7500人ほど。両国国技館に比べれば3000人ほど収容人員が少ないが「名古屋のためだおれ」という土地柄もあって、なかなか満員になりにくい場所だ。しかしこのところの相撲人気は酷暑も場所も選ばない。前売り開始とともに入場券はあっという間に売り切れ。昨年11月の九州場所4日目からの大入りがさらに続くことになる。

 稀勢の里の横綱昇進に続いて同じ田子ノ浦部屋の高安が大関昇進、日本人力士の活躍が後押ししていると、相…

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文994文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです