メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(東京都新宿区) /東京

並んで展示される「ひまわり」(左)と「アリスカンの並木路、アルル」=東京都新宿区西新宿1の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で

並ぶゴッホとゴーギャン

 超高層ビルが林立する西新宿。43階建てのビルの42階にある「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」は、アジアで唯一、ゴッホの「ひまわり」を鑑賞できる美術館だ。描かれてから99年後の1987年、約58億円でオークションで落札した。

 南仏アルルで尊敬するゴーギャンとの共同生活を始めるにあたり、ゴッホはアトリエをヒマワリの絵で飾ろうと考え、7点の「花瓶に生けたヒマワリ」を描いた。美術館にあるのは、そのうちの1点だ。

 隣には「ひまわり」と同時期に、同じキャンバスの生地を使って描かれたゴーギャンの「アリスカンの並木路…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 特集ワイド ヘイト本作った理由、依頼を何でも受けた 読み手見え、自責の念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです