メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 金沢市内に開設し、がん患者や家族の相談に応じる「元ちゃんハウス」では、よく「抗がん剤の副作用の味覚障害が出た場合、何を食べればいいか」という相談を受けます。医療者は「食べられるものを何でも食べていいから」と言ってくれますが、一人一人に合わせたアドバイスは十分にできているとはいえません。

 私は、抗がん剤治療を受け始めた際、甘みを非常に強く感じてしまう味覚障害に悩みました。そのとき、一番おいしく食べられたのはかんきつ系の果物でした。しかし、味覚障害は変化していきました。味覚全体が低下していったのです。

 少し前まではおいしかったものが、徐々に味がしなくなり、最後は口に入れてかんでも味がしなくなり、気持…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文983文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  4. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  5. 台風20号 あす西日本接近

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです