メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 金沢市内に開設し、がん患者や家族の相談に応じる「元ちゃんハウス」では、よく「抗がん剤の副作用の味覚障害が出た場合、何を食べればいいか」という相談を受けます。医療者は「食べられるものを何でも食べていいから」と言ってくれますが、一人一人に合わせたアドバイスは十分にできているとはいえません。

 私は、抗がん剤治療を受け始めた際、甘みを非常に強く感じてしまう味覚障害に悩みました。そのとき、一番おいしく食べられたのはかんきつ系の果物でした。しかし、味覚障害は変化していきました。味覚全体が低下していったのです。

 少し前まではおいしかったものが、徐々に味がしなくなり、最後は口に入れてかんでも味がしなくなり、気持…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文983文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  3. 愛知県警 犬山で似た男目撃 鑑定留置中に逃走、指名手配
  4. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
  5. 愛媛県文書 安倍首相内容否定に中村知事「そうですか…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]