メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

静岡・焼津 ウナギ 愛情かけ天然に近い味 大井川の伏流水、3倍熟成 /東京

愛情をかけて育てたウナギを手にする共水うなぎの永井光彦さん=静岡県焼津市で

 夏バテ解消の「食」と言えば、香ばしさが食欲をそそるウナギだ。ただ、近年は稚魚となるシラスウナギの不漁など逆風も吹く。国内のウナギの一大産地は浜名湖がある静岡県で、県央の焼津市には「ブランドうなぎ」の生産者がいる。創業時から品質にこだわり、天然ものに負けない甘い肉質と香りを誇るという。土用の丑(うし)の日(7月25日と8月6日)を前に養殖場を訪ねた。【古川幸奈】

 焼津市の水田の広がる閑静な平地に片岡征哉さん(52)の経営する「共水うなぎ」がある。約2万平方メー…

この記事は有料記事です。

残り1245文字(全文1477文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 指原 NGT運営バッサリ 山口真帆の気持ち「考えるべき」(スポニチ)
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです