メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ

野党指導者ロペス氏が刑務所から自宅軟禁に

 【サンパウロ朴鐘珠】南米ベネズエラのナシオナル紙は、同国の野党指導者で国家扇動罪により2014年から収監されていたレオポルド・ロペス氏(46)が8日、刑務所を出て自宅軟禁に移されたと報じた。最高裁は刑務所での拘禁を解いた理由を健康上の問題だと発表したが、ロペス氏には体調悪化の情報はない。マドゥロ政権は政治犯の象徴であるロペス氏の処罰を軽減することで、過熱する反政府世論を鎮める狙いがあるとみられる。

 軍事刑務所から首都カラカスの自宅へ移送されたロペス氏は8日午後、玄関前に集まった支持者の前で拳を突…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文562文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです