メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート2017

アリで死ぬ、ハチで死ぬ可能性=粥川準二(科学ライター)

 毒針を持つ外来生物「ヒアリ」が各地で見つかっている。

 マスコミもネットメディアも「米国では毎年100人以上がヒアリに刺されて死亡」と警告する。しかし、いくら調べてもこの情報の根拠が見つからない、と週刊誌『アエラ』に書いた。ある昆虫学者がこの記事を読んで、筆者が調べられなかった資料も調べたところ、やはり根拠が見つからない、と連絡してくれた。

 同誌では書ききれなかったことだが、ヒアリが定着していない日本では、毎年10~30人がハチに刺されて…

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文666文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 連続ひったくり関与か 20代無職男2人を逮捕
  2. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  3. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  4. アジア大会 バドミントン女子団体、3大会ぶり決勝へ
  5. 昭和 懐かしいグリコの「おまけ」を展示 滋賀・東近江

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです