メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート2017

アリで死ぬ、ハチで死ぬ可能性=粥川準二(科学ライター)

 毒針を持つ外来生物「ヒアリ」が各地で見つかっている。

 マスコミもネットメディアも「米国では毎年100人以上がヒアリに刺されて死亡」と警告する。しかし、いくら調べてもこの情報の根拠が見つからない、と週刊誌『アエラ』に書いた。ある昆虫学者がこの記事を読んで、筆者が調べられなかった資料も調べたところ、やはり根拠が見つからない、と連絡してくれた。

 同誌では書ききれなかったことだが、ヒアリが定着していない日本では、毎年10~30人がハチに刺されて…

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文666文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです