メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

バブル崩壊で金策苦慮 山一証券会長・立川正人さん

1988年、レコフ設立を報告するため洋品店を営む実家を訪れた立川さん=東京・四谷で、本人提供

M&Aで日本に貢献

 山一証券営業企画課長だった1986年、含み損を抱えた資産が表面化しないよう資産を移す「飛ばし」が行われていることを知り、「こんなことは認められない」と声を上げました。抵抗する者は組織から外されます。上司の吉田允昭氏と87年12月に退職しました。

 吉田氏とすぐに設立したのが日本初のM&A(企業の合併・買収)助言会社レコフです。株ではなく、会社を売る商売への転身です。「面白いことができそうだ」と新たな挑戦に燃えていましたが、間もなくバブル経済が崩壊。仕事はないのに、従業員約50人の給与は支払わなければなりません。

 金策に走りました。銀行を訪ねては「M&Aは企業戦略。これからの日本企業には必要だ。大きなビジネスに…

この記事は有料記事です。

残り881文字(全文1198文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  3. 神奈川知事選 現職と新人の2氏が届け出 県政継続の是非が争点
  4. ドラマ◎NHK 「いだてん」降板、瀧容疑者へ損害賠償請求検討(スポニチ)
  5. 三重知事選 現職と新人の2氏が届け出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです