メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

「川柳界の与謝野晶子」時実新子没後10年 親交のあった作家、玉岡かおるさんの話

句会や句誌の「座標軸」 時実新子と親交のあった作家、玉岡かおるさん

 「新子川柳」には、誰もまねのできない「言葉の毒」や「生きるうえでの潔さ」、「情念ののたうち」が刻まれ、独自性が際立っている。

 彼女は川柳人であると同時に句会や句誌を主宰する「座の主」の顔もあった。強弱の差はあれ、文芸を志す人たちは個…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文356文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 児童虐待 2歳男児をゴミ袋に入れて放置 同居の男再逮捕
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. 児童虐待防止 「もう耐えられない」タレントら要望書提出
  5. 元配達員 配達先の少女暴行 強制性交等罪で起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]