メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

起業に駆ける

「未来」のシニアたち/3 技術畑から“文系”の道に転身 「街の本屋さん」目指す /兵庫

「皆に喜ばれる『街の本屋さん』に育てたい」と話す後中淳司さん=兵庫県西宮市甲子園六番町で、元田禎撮影

 阪神甲子園球場(西宮市)は、言わずと知れたプロ野球・阪神の本拠地。後中(うしろなか)淳司さん(58)が昨年9月にオープンした「リトル書店@甲子園」は、甲子園駅から北へ徒歩5分の同市甲子園六番町にある。

 宝塚市出身で、神戸商科大(現・県立大)商経学部を卒業し、文具大手のコクヨに就職した。配属先は、情報処理を専門とする計数センター(大阪市東成区)。営業や開発に関わることなく、25年間、コンピューターシステムの運用に携わった。特に印象に残っているのは、電話回線を利用する最新鋭の端末を代理店や小売店に設置し受注するシステムの導入に立ち会ったこと。「在庫がリアルタイムで確認でき、納期の短縮なども素早く対応できる画期的な技術だった。業界で最も早く導入したことが誇り」と回想する。

 管理部門に移り、50歳を過ぎた頃から「第二の人生」を描き始めた。「就職した時から、一つの会社で生涯…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文982文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. 山崎製パン「北海道チーズ蒸しケーキ」と「北海道チーズ蒸しケーキmini」を自主回収 金属片混入の恐れ
  5. 横井、佐藤、本田が優勝 フィギュアのチャレンジ杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです