メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JASRAC

BGM無断利用で初提訴 高松と札幌の店を

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は11日、店内でBGMとして楽曲を流しながら著作権使用料を約10年間支払わなかったとして、高松市内でバーを経営する男性を相手取り、楽曲の利用禁止と著作権料に当たる約7万円の損害賠償を求めて高松地裁に提訴した。札幌市の理容院経営者に対しても同様の訴訟を同日起こした。協会がBGMの無断利用で提訴するのは全国で初めて。

     協会によると、バーは2007年8月に開店し、翌月から今年6月までCDの音楽を無断で利用し、無断使用停止を求める民事調停にも店側が応じなかったため、提訴に踏み切った。

     CD、有線放送などで店の雰囲気作りのためBGMを流す場合、一般店舗(面積500平方メートルまで)で年額6000円の著作権料を支払う必要がある。学校や工場は免除され、家庭利用は対象外。協会はBGMを利用するのは全国で約130万店と推計し、うち約83万店が契約を結んでいるという。

     高松市内で記者会見した協会の大橋健三常務理事は「公平性の観点から提訴した」と説明。バーの経営者は取材に「音楽を流すことで直接利益を得ているわけでもない。(提訴は)疑問に思う」と話した。【山口桂子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 厚労省 飛び降りなど…インフルエンザの異常行動に注意 
    2. ORICON NEWS 戸田恵子、鶴ひろみさんしのぶ「とにかく悲しい」 “3日前”の約束「いつか守れたら」
    3. 読みトク!経済 サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 所得税控除、見直し必要?=回答・中島和哉
    4. 森友 籠池氏、勾留4カ月 保育園などの対応できず焦りも
    5. 森友 「破棄した」答弁の佐川長官 国税内部も批判

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]