メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏休み文楽特別公演

おなじみの「金太郎」も登場 22日から国立文楽劇場

金太郎の人形を遣う吉田玉佳(右)と鬼童丸を遣う吉田玉勢=大阪市中央区の国立文楽劇場で、関雄輔撮影

 夏休み文楽特別公演が22日から大阪市中央区の国立文楽劇場で始まる。第1部(午前11時)の「親子劇場」では、昔話でもおなじみの金太郎が登場する「金太郎の大ぐも退治」が上演される。

 源頼光の活躍を描く作品群の一部で、1987年に復活上演されてから題名を変えつつ上演を重ねている。大ぐもの妖怪が村の娘をいけにえに求めていると聞いた金太郎が、その正体である鬼童丸と戦う。立ち回りや宙乗りもあるスペクタクルな演目だ。

 金太郎の人形を遣う吉田玉佳(たまか)と鬼童丸を遣う吉田玉勢(たませ)はともに初役。玉佳は「金太郎は…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文514文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 多言語 母国語を大切に 日本の絵本から翻訳、ネット公開
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです