メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースがわかる目次 2017年8月号(7月15日発売)

450円(税込み)

★特別付録「手づくり立体パズル」

    京大パズル博士の東田大志さんが出題するパズルの問題にチャレンジしよう!

    ◆2017年上半期ニュース王選手権

     2017年1~6月にあったさまざまな重要ニュースを、覚えていますか? 時代の変わり目を感じさせる大事なニュースばかりでした。テーマごとにおさらいし、力試しのクイズに挑戦しましょう。

    ◆核のない世界は?

     核兵器禁止条約が国連で採択されました。核保有国やアメリカの核の傘に守られている日本は交渉に参加していませんでした。多大な被害を及ぼす大量破壊兵器ですが、核軍縮はいっこうに進みません。今一度、核なき世界への道のりを考えます。

    ◆海の魚はだれのもの?

     わたしたちが口にしている魚は日本沿岸だけではなく、世界各地の海でとったものです。クロマグロやサンマなど人気の魚はとりすぎが問題になっています。水産資源を守りながら食べていくためには、どうしたらいいのでしょうか?

    ◆弔う心

     お盆にみなさんはお墓参りに行きますか? 石垣島では日本最古のお墓が見つかりました。お墓や弔い方は時代によって変化します。人類が大昔からもっていた弔う心。身近な人との別れについて、東日本大震災で生と死を見つめた方々から教えてもらいます。

    ◆小池都政のこれから

     東京都議選で小池都知事が代表をつとめた都民ファーストの会が圧勝しました。その前に築地市場移転問題に出した結論は歯切れの悪いものでした。首長と議会はチェックとバランスが大事。憲法によって定められた地方自治のしくみをおさらいしましょう。

    ◆温暖化防止 パリ協定のゆくえ

     アメリカのトランプ大統領が、温暖化を防ぐ国際的な取り組み「パリ協定」から離脱すると表明しました。アメリカは温室効果ガスの排出量2位で、トップの中国と協調し、パリ協定発効をリードしました。その見通しを暗くする方針は批判にさらされています。

    【その他】測位衛星「みちびき」、文化分け目の「関ヶ原」、アナグマの親子

    ★オールカラーで図表やイラスト満載。図鑑を見るような楽しさ。

    ★A4大で68ページ。月1回発行ですから負担になりません。

    ★記事は毎日新聞にのっとり、正確です。

    ★1部450円。書店でどうぞ。

    ★定期購読なら、離れてお住まいのお孫さんに贈れます(郵送)。先様には編集室よりあなたからのプレゼントである旨を別便で通知します。お問い合わせ・お申し込みは編集室(電話03・3212・1171、03・3212・0954=平日10時から18時)。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
    2. 名古屋・私立高 男子26人、女子装い電子マネー要求 
    3. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
    4. 日馬富士暴行 「堂々巡りだから」貴乃花親方、法的手段も
    5. 日馬富士暴行 任意聴取で認める 診断医師は重傷否定

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]