メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネットウオッチ

報酬もらい商品情報発信 インフルエンサーの実像 企業は期待/悪質宣伝に加担も

 <net watch>

 企業が個人に報酬を与えてSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上で商品などを宣伝させる「インフルエンサーマーケティング」が拡大している。かつては有名人がやっていたが、今は一般人も依頼を受ける。業界関係者が期待を寄せる新しい手法だが、広告だときちんと明記しなければ、悪質な「ステルスマーケティング」(ステマ=自発的な投稿を装った宣伝)と紙一重だ。【大村健一】

 「大学生100人の参加を40万円から受け付けている」。PR会社「テテマーチ」(東京都品川区)の担当…

この記事は有料記事です。

残り1042文字(全文1288文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  3. 白鵬が全勝優勝 最多更新の42回目 横綱対決制す
  4. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査
  5. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです