メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

清の雍正帝の世…

 清(しん)の雍正帝(ようせいてい)の世、官吏登用試験に「維民所止」(維(こ)れ民の止(とど)まる所)という題が出た。出題者が投獄されたのは、「維」は「雍」の字の首をはね、「止」は「正」の字の首をはねたとみなされたからである▲「文字(もんじ)の獄(ごく)」とは歴代中国王朝の言論弾圧をいう。こんないいがかりのような嫌疑でも処罰は厳しく、一族にまで及んだ。一方で文人の方も弾圧の目をかいくぐるように、表意文字である漢字を用いた権力への抵抗をくり返してきた▲綿々(めんめん)と続いてきた文字の獄の最後の被害者になることを望む--中国の人権活動家、劉暁波(りゅうぎょうは)さんはノーベル平和賞授賞式で代読された陳述「私に敵はいない」でそう述べた。陳述は中国での投獄の判決の2日前に書かれた文である▲天安門事件での最初の投獄後も国内にとどまり、9年前に言論の自由などを求める「08憲章」を起草して懲役刑を言い渡された劉さんだ。先の陳述は検察官らも「敵」でないと述べ、憎悪を超えて自由と進歩への力強い確信を語った▲その劉さんが出国を許されぬまま病死した。世界の心ある人々が想起するのはナチス政権の獄中でノーベル平和賞受賞が決まり、ほどなく病死した平和運動家の故事だろう。中国政府には自らしょいこんだナチスまがいの汚名である▲暴力や憎悪を拒み、ただ言論をもって言論の自由を求めて獄中にある者を中国政府は「無力」と思ったのだろうか。21世紀の世界におけるその大いなる「力」を信じ、闘い通した劉さんの「文字の獄」であった。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
    2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
    3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
    4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
    5. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです