メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の真相

労働者を脅かす三つの怪奇 柔軟な働き方は受難の入り口=浜矩子

安倍晋三首相と「高度プロフェッショナル制度」について会談した後、記者の質問に答える連合の神津里季生会長(中央)=首相官邸で13日、宮武祐希撮影

 大学での筆者の担当科目に「グローバル時代をどう読むか」というのがある。正式科目名は「内外マクロ経済環境」になったが、上記を副題とすることで、目指すところを示そうとしている。

 今、我々はグローバル時代という時代を生きている。我々がこの時代をどう読み解くかによって、この時代の時代特性も変わってくる。我々は時代を生きる者たちであると同時に、時代をつくる者たちでもある。この認識を学生さんたちと共有したいと考えている。

 このような発想で臨んでいるから、授業で取り上げるテーマは年々、変化している。むろん、どうしても押さ…

この記事は有料記事です。

残り1804文字(全文2061文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 大谷、イチローの開幕戦を夜更かし観戦
  3. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  4. 仙台市博物館 政宗の愛刀公開 ゲーム「刀剣乱舞」効果? 反響「普段の数十倍」 /宮城
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです