メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首切り付けられ母親の再婚相手死亡

容疑を殺人に切り替えて捜査

 14日午後11時45分ごろ、新潟県長岡市の住宅から「息子が父親を刺した」と119番があった。市消防本部の救急隊員が駆け付けると、男性が首から血を流して倒れていた。長岡署員が殺人未遂の疑いで、現場にいた自称、高校生の少年(19)を現行犯逮捕した。

     同署によると、男性は会社員、磯野哲男さん(46)で、現場で死亡。少年の母親の再婚相手という。少年は調べに「頭の中が真っ白で分かりません」と話している。今後、逮捕容疑を殺人に切り替えて調べる。

     逮捕容疑は14日深夜、磯野さんの首を包丁で切り付け、殺害しようとした疑い。

     凶器とみられる包丁は現場で見つかった。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
    2. LINE 重点市場でも利用者減少 「成長の壁」鮮明に
    3. 海難事故 海上タクシー船でアイドルらけが
    4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    5. 津波 バクテリアで軽減へ 高知コア研究所

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]