メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界水泳シンクロ

元日本代表スペンドラブ、米代表で銅

世界水泳選手権シンクロナイズドスイミングの混合デュエット・テクニカルルーティンで3位に入り、銅メダルを手にし笑顔を見せるスペンドラブ佳奈子(左)とビル・メイ=ハンガリー・ブダペストで、2017年7月17日午後1時1分、村上正撮影

 【ブダペスト村上正】水泳の世界選手権で17日行われたシンクロナイズドスイミングの混合デュエットで、かつて日本代表で活躍したスペンドラブ(旧姓・北尾)佳奈子が、米国代表として出場し銅メダルを獲得した。

 首から下げた銅メダルを見詰めながら「もっと良い色を目指していたけど、やっぱり(メダルは)うれしいですね」と笑顔がはじけた。2004年アテネ五輪の日本代表としてチームの銀メダルに貢献したスイマーは、12年ぶりの世界選手権出場を楽しんでいた。

 銀メダルを獲得した05年の世界選手権後に現役引退。次は水中での芸術性を追い求めるため世界最高峰のエ…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文584文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです