メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

旅はバーチャルで メガネをかければ理想の世界 2050年「仮想」が現実に?

イラスト・加藤早織

 2050年。技術は人間を変えているか。4月に翻訳出版され、話題を呼んでいる英エコノミスト誌の「2050年の技術」(文芸春秋)を参考に、近未来を想像した。現在、20代の人が50代に、50代の人が80代になる頃、私たちはどんな日常を生きているのか。【藤原章生】

 この本は同誌の記者や科学者、研究者らが2050年時点での技術発展と、それに伴う社会の変化を予測したもの。本の中で目を引いた10カ所を独断で選んだのが表だ。まずはこれを、米国でのコンピューター開発を描いた漫画「スティーブズ」の原作者でエンジニアの松永肇一(けいいち)さんに見てもらうとこんな反応だった。「技術系の人の予測は楽観的になりがちなんです。昔のSFのように、皆が新技術を堪能し理路整然と明るく暮らしていると捉えるんです」

 確かに楽観的な読後感がある。「技術者は革新的な技術が普及すると思うのですが、人間はそう単純じゃない…

この記事は有料記事です。

残り2829文字(全文3222文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 音楽療法研修会 来月2日、札幌で /北海道
  2. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  3. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  4. 首相 トランプ氏のノーベル平和賞推薦、否定せず 「コメントは控える」
  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです