メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水泳

世界選手権 チームTR、日本「銅」

メダリスト会見でチームTR決勝の演技を振り返る乾(左)と中村=村上正撮影

 【ブダペスト村上正】第5日の18日、当地で行われ、シンクロナイズドスイミングのチーム・テクニカルルーティン(TR)で予選3位の日本(乾、中村、中牧、丸茂、小俣、阿久津、河野、福村)は93・1590点で2大会連続の3位となり、今大会の日本勢第1号のメダルを獲得した。ロシアが96・0109点で優勝し、2位には中国が入った。

 オープンウオーター男子10キロは平井康翔(SBIホールディングス)が1時間54分52秒9で40位、…

この記事は有料記事です。

残り2598文字(全文2809文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
  5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです