メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海アスリート群像

玉木一嗣磨=大相撲・西幕下30枚目(高砂部屋) /愛知

玉木一嗣磨

押し相撲で飛躍期す 関取を目指す三重・伊勢出身 玉木一嗣磨(たまき・かづま)(24)

 名古屋場所11日目(19日)を終えて3勝2敗。4場所ぶりの勝ち越しまで白星をあと一つとしている。幕下上位の壁にはね返されながらも、関取を目指す。

 三重県伊勢市出身。父新一さん(52)がアマチュアで豊富な相撲経験を誇ることもあり、幼少時から新一さんがコーチを務める相撲道場「志友館」で稽古(けいこ)に励んできた。中学時代には、全国都道府県中学生相撲選手権大会で優勝。大阪・近大付高を経て、近大では主将として全国学生相撲選手権大会の団体戦で準優勝した。

 2016年1月の初場所で初土俵を踏んでからは、順風満帆だった。初めて番付に載った昨年3月の春場所は…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文873文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  2. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. 児童虐待 目黒5歳児死亡 親権に「懲戒権」は不要だ 「子どもは親の所有物ではない」
  5. はやぶさ2 リュウグウに130mの大岩 小惑星本格観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]