メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

許さない

性暴力の現場で(第2部)/3 被害者の苦痛軽減へ 別室で証言「ビデオリンク」 /群馬

児相職員が「司法面接」

 今回の刑法改正で性暴力の被害者の告訴がなくても、加害者を裁判にかけることができるようになった。しかし、裁判では、被害者が証言を求められることもある。そうすれば、結局、また傷つくのは被害者の自分ではないか。でも泣き寝入りはしたくない--。被害者の苦しい思いを少しでも軽減しようという取り組みが始まっている。【山本有紀、鈴木敦子】

 「抵抗し続けました。体をよじらせたり、『やめて』と言ったりしました」

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 工事図面に高圧幹線記載なく 切断で停電 大阪・高槻
  5. 女子中学生が意識不明 殺人未遂容疑で母親を逮捕 前橋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです