メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

メダリストのプロ宣言

 体操の内村航平、競泳の萩野公介、陸上のケンブリッジ飛鳥の各選手らリオデジャネイロ五輪メダリストが相次いで「プロ宣言」した。プロ参加に伴い五輪はアマチュアだけの祭典ではなくなっているが、日本では依然、企業がアマ選手を雇う「社員選手」が一般的だ。2020年東京五輪開幕まであと3年。プロ宣言の意味や影響を考える。

この記事は有料記事です。

残り4416文字(全文4571文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  3. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式
  4. ORICON NEWS 赤江珠緒&博多大吉の“芝生デート”報道 『たまむすび』が伝えた1週間
  5. 池袋暴走 87歳男性、痛めた足で運転か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです