メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

武田砂鉄の気になるこの人

ノンフィクション「冬の時代」 ゲスト・ノンフィクション作家、後藤正治さん(その2止)

たけだ・さてつさん

ネットの影響で好まれる「味付けの濃い」記事

 武田 現代の諸問題を「戦後」と照らし合わせることは重要ですが、ノンフィクション作品は、そのサブテキストになります。たとえば、去年の相模原障害者殺傷事件=注<3>=を受け、青い芝の会=注<4>=を追った作品を改めて読み直しました。

 後藤 仕事をしてきて気づいたのですが、僕が魅力を覚えた人物は昭和1桁生まれが多い。本田さんも昭和8(1933)年生まれです。皆、子供の時に軍国少年・少女で、思春期に敗戦で価値観を変えられた。彼らが魅力的なのは、敗戦に伴う人生経験が人としての厚みを作っているからでしょう。政治家でも今の世代には、そういう厚みを感じない。

 武田 かつては保守か革新かを問わずに、政治に問題があればメディアは一緒に叩いていた。今の保守系雑誌…

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1209文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 児童虐待 2歳男児をゴミ袋に入れて放置 同居の男再逮捕
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. 児童虐待防止 「もう耐えられない」タレントら要望書提出
  5. 元配達員 配達先の少女暴行 強制性交等罪で起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]