メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こころの天気図

眠り妨げる夏の朝日=東京大教授、精神科医 佐々木司

 暑く寝苦しい夜が続くが、この時期に眠りを妨げるもう一つの要因は、朝が早いことだ。6~7月は1年で最も日が長い。東京では午前4時過ぎから明るくなる。

 気づいていない人もいるだろうが、外の明るさで早朝に目が覚めてしまい、睡眠不足に苦しむ人も少なくない。昔の家屋のように雨戸でしっかり外の光が遮断できればいいのだが、今の住宅には雨戸がほとんどなく、薄いカーテンから差し込む光で目が覚めてしまう。朝日とともに部屋の温度も上がり、暑さでも目が覚めやすくなる。朝4時過ぎに目が覚めると、夜10時に寝たとしても6時間睡眠、11時に寝れば5時間睡眠となる。1日7~8時間、あるいはそれ以上の睡眠が必要な人には、かなりこたえる。

 北緯35度くらいの東京でこれだから、日の出が早く日の入りが遅い高緯度の東北や北海道では、もっときつ…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文973文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. ORICON NEWS 神谷明、29日の巨人×広島戦で場内アナウンス「冴羽リョウとして盛り上げる」
  4. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  5. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです