メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

ダブル世界戦 京口、国内最速王座 デビュー15カ月判定で

【IBF世界ミニマム級タイトル戦】五回、ホセ・アルグメドを攻める京口紘人(右)=東京・大田区総合体育館で2017年7月23日、和田大典撮影

 プロボクシングのダブル世界タイトルマッチが23日、東京・大田区総合体育館で行われ、国際ボクシング連盟(IBF)ミニマム級9位の京口紘人(ひろと、23)=ワタナベ=は同級王者のホセ・アルグメド(28)=メキシコ=に3-0の判定で勝利し、世界初挑戦で新王者となった。京口の戦績は8戦全勝(6KO)。プロデビューから1年3カ月での世界王者奪取は日本選手の史上最速。アルグメドは4度目の防衛に失敗した。

 世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王者の田口良一(30)=ワタナベ=が同級1位のロベルト・…

この記事は有料記事です。

残り1724文字(全文1972文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです