メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

ダブル世界戦 京口、国内最速王座 デビュー15カ月判定で

【IBF世界ミニマム級タイトル戦】五回、ホセ・アルグメドを攻める京口紘人(右)=東京・大田区総合体育館で2017年7月23日、和田大典撮影

 プロボクシングのダブル世界タイトルマッチが23日、東京・大田区総合体育館で行われ、国際ボクシング連盟(IBF)ミニマム級9位の京口紘人(ひろと、23)=ワタナベ=は同級王者のホセ・アルグメド(28)=メキシコ=に3-0の判定で勝利し、世界初挑戦で新王者となった。京口の戦績は8戦全勝(6KO)。プロデビューから1年3カ月での世界王者奪取は日本選手の史上最速。アルグメドは4度目の防衛に失敗した。

 世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王者の田口良一(30)=ワタナベ=が同級1位のロベルト・…

この記事は有料記事です。

残り1724文字(全文1972文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです