メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

ダブル世界戦 京口、国内最速王座 デビュー15カ月判定で

【IBF世界ミニマム級タイトル戦】五回、ホセ・アルグメドを攻める京口紘人(右)=東京・大田区総合体育館で2017年7月23日、和田大典撮影

 プロボクシングのダブル世界タイトルマッチが23日、東京・大田区総合体育館で行われ、国際ボクシング連盟(IBF)ミニマム級9位の京口紘人(ひろと、23)=ワタナベ=は同級王者のホセ・アルグメド(28)=メキシコ=に3-0の判定で勝利し、世界初挑戦で新王者となった。京口の戦績は8戦全勝(6KO)。プロデビューから1年3カ月での世界王者奪取は日本選手の史上最速。アルグメドは4度目の防衛に失敗した。

 世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王者の田口良一(30)=ワタナベ=が同級1位のロベルト・…

この記事は有料記事です。

残り1724文字(全文1972文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです