メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

納豆工場稼働、急きょ前倒し ミツカン社長・田中力さん

従業員説得して達成

 当社は食酢や「味ぽん」で知られていますが、私は納豆との付き合いが長かったですね。食酢で培った発酵技術を生かし、事業の多角化を図ろうと、当社が納豆事業に参入したのが1997年。入社9年目の私は館林工場(群馬県館林市)の納豆担当として生産ラインのチェックや品質検査をしていました。

 しかし納豆はスーパー特売の目玉商品になりやすく、激しい価格競争にさらされます。「価格より品質で選んでほしい」という思いで、納豆独特のにおいを軽減した「金のつぶ におわなっとう」を2000年に発売したところ、大ヒット。納豆が苦手な人が多い関西地方で売り出そうと、兵庫県三木市に工場を作ることになり、06年11月、工場長に就任しました。

 稼働は翌年2月1日の予定でした。資材や原料の納入、生産機械の調整、人員の配置など、すべて2月1日に…

この記事は有料記事です。

残り809文字(全文1174文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです