メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

長崎の夢、潰さない 高田明社長、経営再建に汗

=徳野仁子撮影

 甲高い声と独特の語り口でテレビショッピングで人気を博した通信販売大手「ジャパネットたかた」(本社・長崎県佐世保市)の創業者で前社長の高田明氏(68)が、4月にサッカーJ2のV・ファーレン長崎の社長に就任し、経営危機に陥ったクラブの再建に汗をかいている。異業種に飛び込む不安を「ゼロ」と語る高田社長は「長崎県民の夢を潰したくない」と意気込む。【聞き手・佐野優】

この記事は有料記事です。

残り2389文字(全文2569文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  3. 辺野古土砂投入 沖縄知事、猛反発「法治国家としてあるまじき行為」
  4. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  5. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです