メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

長崎の夢、潰さない 高田明社長、経営再建に汗

=徳野仁子撮影

 甲高い声と独特の語り口でテレビショッピングで人気を博した通信販売大手「ジャパネットたかた」(本社・長崎県佐世保市)の創業者で前社長の高田明氏(68)が、4月にサッカーJ2のV・ファーレン長崎の社長に就任し、経営危機に陥ったクラブの再建に汗をかいている。異業種に飛び込む不安を「ゼロ」と語る高田社長は「長崎県民の夢を潰したくない」と意気込む。【聞き手・佐野優】

この記事は有料記事です。

残り2389文字(全文2569文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. 日高線運休区間グーグルマップから消える 関係者困惑
  3. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  4. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  5. 合成麻薬、大麻所持の疑いで中3女子逮捕 「ネット通じ購入」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです