メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

長崎の夢、潰さない 高田明社長、経営再建に汗

 甲高い声と独特の語り口でテレビショッピングで人気を博した通信販売大手「ジャパネットたかた」(本社・長崎県佐世保市)の創業者で前社長の高田明氏(68)が、4月にサッカーJ2のV・ファーレン長崎の社長に就任し、経営危機に陥ったクラブの再建に汗をかいている。異業種に飛び込む不安を「ゼロ」と語る高田社長は「長崎県民の夢を潰したくない」と意気込む。【聞き手・佐野優】

この記事は有料記事です。

残り2389文字(全文2569文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. イチローが現役引退
  3. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  4. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  5. エチオピアで「日本人女性が死亡」 武装勢力が車襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです