メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺らぐ「1強」

/4 漆原良夫・公明党中央幹事会会長 謙虚に信頼回復を

漆原良夫氏=藤井太郎撮影

景気対策、補正予算で

 --毎日新聞の世論調査(7月22、23日)で内閣支持率が危険水域とされる26%に下がった。

 ◆経済指標も外交も順調なのに支持率が下がる一番の原因は、国民が安倍晋三首相に不信感を募らせているためだ。国民から見れば、「加計学園」問題は首相が友人を「えこひいき」しているように映るわけで「信無くば立たず」という政治の根本的なところで信頼を失った。当初、首相が出席しての予算委員会の閉会中審査に応じなかったことも、逃げている印象を与えた。

 --東京都議選中には稲田朋美防衛相が応援演説で「自衛隊としてもお願いしたい」と発言したり、下村博文…

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1260文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです