メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改善主義

ボクシング 蓋破り、世界の中心へ=村田諒太

 (カットは直筆)

 7月15日にジムの先輩である三浦隆司選手が、米国のリングでメインイベンターとして世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフェザー級タイトルマッチの舞台に立ちました。結果は判定負けでしたが、日本選手が文字通り拳一つで、この舞台に上り詰めたことはボクサーの理想像ではないでしょうか。

 そもそもボクサーとはハングリーな生き物で、何もないような状況から成り上がるという生き様が、人々を引きつけるのだと思います。失うものなど初めからなく、得るために生きていく--。このコラムを書いていて、自分が2012年ロンドン五輪後、得るのではなく失うことにおびえていたと改めて反省しております。

 「米国の舞台に立つ意味は?」と問われることがよくありますが桁違いのお金の動き、それに伴って生まれる…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1100文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです