メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「戦争の世紀」研究

現代史と国際政治の視点から/28 三国同盟 欧亜の敵対構図を一体化

ベルリンで行われた日独伊三国同盟の調印式

屈服せぬ英「転機」を誘発/「米を牽制」日独の思惑外れる

 パリ陥落後間もない1940年7月、A・ヒトラーは唯一の交戦国となった英国への上陸作戦に向け、ドイツ空軍に英本土への空爆を指示した。C・ドゴール将軍のフランス亡命政府を受け入れた英国はW・チャーチル首相(当時65歳)の統率の下に応戦。空軍基地の壊滅を狙って飛来する独軍機に対抗し、近代的なレーダー探知システムを駆使した迎撃作戦を展開した。

 相互の標的は大都市ベルリン、ロンドンへと拡大し、通称「バトル・オブ・ブリテン」は持久戦の様相を呈し…

この記事は有料記事です。

残り1695文字(全文1941文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  3. 愛知県警 犬山で似た男目撃 鑑定留置中に逃走、指名手配
  4. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
  5. 愛媛県文書 安倍首相内容否定に中村知事「そうですか…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]