メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

マーケットのシェアを奪い合う…

 マーケットのシェアを奪い合うような競争をゼロサムゲームという。相手の損はその分自分の得で、損得の和(サム)はゼロである。政党政治も普通は与野党間で国民の支持を奪い合うゼロサムゲームとなろう▲だがこの政治のゲーム、時として一方の損失がいっこうに他方の得点とならぬ様相を示すことがある。いわばゲームの底が抜けてしまい、国民の多くが既存の政党そのものに背を向けたのである。つまりは「政治不信」ということだ▲安倍(あべ)政権の支持率が急落しても、いっこうに離れた支持者の受け皿になれぬ民進党である。自民党が大敗した東京都議選でも議席激減で足並みをそろえては、執行部の命運はその時点で尽きていよう▲それからややあっての蓮舫(れんほう)代表の辞任だった。一時は幹事長交代で乗り切りをはかったが、党内の批判は収まらず、求心力回復は無理と思ったようだ。「すべては私の足らざるところ」といわざるを得なかった辞任記者会見であった▲党勢回復を華のある女性党首にかけた民進党だが、政策不明のイメージ戦略はかえって国民の不信を募らせたらしい。政府・与党への批判や不満の受け皿にならぬ野党が民主政治を危うくすること、当の政府の権力乱用にも劣らない▲英語で政党を意味するパーティーは「部分」のパートから派生したという。党派間のダイナミックな相互作用によって未来を開く政党政治にあって、その欠かせない「部分」として自らを再建できるか。民進党に残された時間は多くない。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
    2. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
    3. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
    4. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
    5. 外来テントウムシ 天敵に天敵、クズ栄える? 関西都市部などで拡大、カメムシ危機

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです