メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

相模原殺傷1年

碓井真史新潟青陵大教授

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が刺殺され、職員3人を含む27人が重軽傷を負った殺傷事件から26日で1年。元施設職員だった被告は今も「障害者は不幸を作る」などと供述しているとされる。排外主義的なヘイトクライム(憎悪犯罪)が世界で相次ぐ中、差別思想をなくすために社会は何をなすべきか。

この記事は有料記事です。

残り4391文字(全文4544文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです