メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローン

活用し災害時状況把握 多摩6市とNPO /東京

ドローンを手に持つ古橋理事長(中央)と多摩、狛江、調布、稲城、府中、日野の各市長=新宿区の都庁で

 災害時にドローンを活用して被災状況を把握するため、府中、日野、多摩、稲城の4市は、調布市に拠点を置くNPO法人と協定を結んだ。調布、狛江両市も同様の協定をすでに締結しており、多摩川流域の6市が広域的に連携してドローンの活用を図る。

 このNPO法人は昨年発足した「クライシスマッパーズ・ジャパン」。地図による社会貢献を目的に設立され、地理学が専門の古橋大地・青山学院大教授が理事長…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 維新 大阪府内で首長を着々と増やす
  3. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです