メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島から、長崎から

修学旅行で交流 子供同士に連帯感/被爆地互いに知り /広島

広島市立幟町小学校の島本靖校長=広島市中区の同小で、竹下理子撮影

 広島市立幟町小学校の6年生が今秋、修学旅行で長崎を訪れ、長崎市立山里小学校の児童と交流する。爆心地に近く、平和教育に力を入れてきた両校。原爆投下から72年がたち、被爆体験の継承が課題となっているなか、平和教育のあり方を模索する幟町小の島本靖校長(56)と山里小の吉本研二校長(57)に考えを聞いた。

平和教育、受け身脱却 広島市立幟町小・島本靖校長(56)

 --長崎への修学旅行を決めた理由は何ですか。

この記事は有料記事です。

残り2369文字(全文2570文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです