メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島から、長崎から

修学旅行で交流 子供同士に連帯感/被爆地互いに知り /広島

広島市立幟町小学校の島本靖校長=広島市中区の同小で、竹下理子撮影

 広島市立幟町小学校の6年生が今秋、修学旅行で長崎を訪れ、長崎市立山里小学校の児童と交流する。爆心地に近く、平和教育に力を入れてきた両校。原爆投下から72年がたち、被爆体験の継承が課題となっているなか、平和教育のあり方を模索する幟町小の島本靖校長(56)と山里小の吉本研二校長(57)に考えを聞いた。

平和教育、受け身脱却 広島市立幟町小・島本靖校長(56)

 --長崎への修学旅行を決めた理由は何ですか。

この記事は有料記事です。

残り2369文字(全文2570文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  4. 韓国 慰安婦財団の解散発表 事業終了を決定
  5. 寝屋川中1殺害 「2人に声かけなければ」遺族に被告謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです