メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島から、長崎から

修学旅行で交流 子供同士に連帯感/被爆地互いに知り /広島

広島市立幟町小学校の島本靖校長=広島市中区の同小で、竹下理子撮影

 広島市立幟町小学校の6年生が今秋、修学旅行で長崎を訪れ、長崎市立山里小学校の児童と交流する。爆心地に近く、平和教育に力を入れてきた両校。原爆投下から72年がたち、被爆体験の継承が課題となっているなか、平和教育のあり方を模索する幟町小の島本靖校長(56)と山里小の吉本研二校長(57)に考えを聞いた。

平和教育、受け身脱却 広島市立幟町小・島本靖校長(56)

 --長崎への修学旅行を決めた理由は何ですか。

この記事は有料記事です。

残り2369文字(全文2570文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  3. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです