メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎から、広島から

二つの被爆地、児童交流 /長崎

 広島市の市立幟町(のぼりちょう)小学校の6年生が今年10月、修学旅行で長崎を訪れ、長崎市立山里小の児童と交流する。両校とも140年以上の歴史があるが、1945年8月に投下された原爆では、爆心地に近かったため、大きな被害を受けた。戦後、それぞれに平和への取り組みを続けてきた両校。山里小の吉本研二校長(57)と幟町小の島本靖校長(56)に、児童への平和教育の状況や、交流に向けた思いを聞いた。

この記事は有料記事です。

残り2435文字(全文2631文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
  3. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
  4. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
  5. 福浦2000安打 美しい打撃、スカウトがほれた

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです