メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
沖縄論壇時評

支配秩序とメディア=ジャーナリスト・渡辺豪

大田昌秀・元沖縄県知事の告別式。遺影を前に、参列者が次々と焼香した=沖縄県浦添市で6月15日、蓬田正志撮影

分断ではなく多様性を

 権力に刃向かうと大変な目に遭わされる。

 加計学園をめぐる前文部科学省事務次官、前川喜平氏の奮闘と災厄を目の当たりにし、そう感じた人は少なくないのではないか。政権内部からは前川氏の人格をおとしめるような発言が噴出し、読売新聞は前川氏が「出会い系バー通い」をしていたと報じた。

 前川氏は6月に開いた記者会見で「メディアまで(政権に)私物化されたら日本の民主主義が死んでしまう」と憂慮する形で応戦した。

 「組織の論理」を優先するあまり、職業倫理や社会正義がゆがめられる。このあしき慣例は、極限時には生身…

この記事は有料記事です。

残り2108文字(全文2367文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]