メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

37歳内山、引退表明 「今まで以上の強さ出せない」 歴代3位、11連続防衛

壮絶な打ち合いで8度目の防衛を決めた内山高志(奥)=大田区総合体育館で2013年12月31日午後9時16分、矢頭智剛撮影

年納めのKOダイナマイト

 前世界ボクシング協会(WBA)スーパーフェザー級スーパー王者で、国内男子世界王者で歴代3位となる11連続防衛の記録を持つ内山高志(37)=ワタナベ=が29日、東京都内で記者会見し「今まで以上の強さが出せない」と現役引退を表明した。【倉沢仁志】

 内山は昨年4月にジェスレル・コラレス(パナマ)に二回KO負けでプロ初黒星となり、12度目の防衛に失敗。同年12月の再戦でも1-2の判定で敗れ、その後は進退を保留していた。引退の理由について内山は「一番はモチベーションの低下。前みたいに練習で追い込めず、中途半端な気持ちで試合をすることはできないと思った」と語った。

 内山は埼玉・花咲徳栄高から拓大、社会人を経て2005年にプロデビュー。強烈な右を武器に「KOダイナ…

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文1034文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです